会社案内

COMPANY
TOP>COMPANY

コンプライアンス基本方針


森田フードシステム株式会社は、コンプライアンスを経営上の最重要課題のひとつと位置付け、
全役職員が企業の社会的責任を常に認識し、コンプライアンスを実践する体制を構築するため、コンプライアンス基本方針を制定します。

1.法令等の遵守

法令や社内ルールを遵守し、企業人、社会人として良識ある行動をとります。

2.公正な取引

取引先とは、公正な契約を締結し、法令に違反する行為またはその可能性がある行為は行いません。

3.反社会的な勢力との関係の遮断

『反社会的勢力に対する基本方針』に基づき、社会の秩序と安全に脅威となる反社会的な人や団体に対しては、
毅然とした態度で臨みます。

4.環境・社会活動への積極的な取組み

地球環境の保護や社会貢献活動に積極的に取組みます。

5.人権の尊重と健全な職場の維持

互いの人権を尊重し、不当に人格を傷つけたり差別する行為は行いません。
また、労働関係法令等を遵守し、健全で安全な職場環境を維持します。

6.お客さま満足の追求

お客さまに対して公正かつ誠実に対応し、満足いただける製品・サービスの提供に努めます。

7.機密情報・個人情報の適切な管理

機密情報および個人情報は、法令や社内ルールを遵守し、適切に管理します。

8.全役職員の責務と決意

コンプライアンスを全役職員としての基本的な責務とし、公正かつ誠実な業務の遂行に努めます。
令和3年12月
森田フードシステム株式会社
代表取締役社長 森田 浩文

個人情報保護方針


森田フードシステム株式会社(以下、弊社と称します)は、事業目的を達成するために、お客様の個人情報は必要不可欠なものであり、
弊社の重要な情報資産です。弊社は、個人情報の保護を事業運営上の最重要事項と位置づけ、
全役職員が積極的に個人情報の保護活動を推進するとともに、以下の取り組みを実施します。
この活動において、弊社は、事業で取扱う個人情報をお預かりする際には、個人情報保護を厳正に取扱います。

1.個人情報の利用目的

弊社は取得した個人情報を以下の目的のために利用します。
ア.弊社取扱製品・サービスの営業活動におけるご連絡全般
イ.弊社取扱製品・サービスの仕入活動におけるご連絡全般
ウ.弊社または弊社製品等に関するお問い合せ、苦情及び相談に関するご連絡
エ.従業者(採用応募者、退職者含む)の雇用、採用などの人事労務管理及び経理、総務等の業務上の確認、
また、個人情報の利用及び提供は、その取得目的から逸脱しない範囲とします。 目的外利用は行いません。

2.個人情報の管理

弊社が保有する個人情報は、適用される法令、国が定める指針、その他規範を遵守し、適切に管理します。

3.個人情報の第三者への提供

お客様にご承諾いただいた場合を除き、第三者に対しデータを開示・提供することはいたしません。
また個人情報に関する漏えい、滅失又はき損を防ぐための適切な予防及び是正処置を行います。

4.継続的な改善

弊社では、個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて継続的改善を実施いたします。
令和3年12月
森田フードシステム株式会社
代表取締役社長 森田 浩文

特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針


森田フードシステム株式会社(以下、弊社と称します)は、特定個人情報等の適正な取扱いの確保について、組織として取り組むため、
本基本方針を制定します。

1.事業所の名称

森田フードシステム 株式会社

2.関係法令・ガイドライン等の遵守

弊社は「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」「個人情報の保護に関する法律」及び
「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して、特定個人情報の適正な取扱いを行います。

3.安全管理措置に関する事項

弊社は、特定個人情報の保管に関し、別途定める「特定個人情報取扱規程」に基づく業務フローにより
関係事務の処理を行い、特定個人情報の安全な管理に努めます。

4.継続的改善

弊社は、特定個人情報等の保護が適正に実施されるよう、取扱いに関する規定等を継続的に改善します。

5.問い合せ窓口

弊社における特定個人情報の取扱いに関するお問い合せにつきましては、 以下の窓口にご連絡ください。

担当部署:総務部
電話番号:0594-22-0256
Eメール:morita-f@intsurf.ne.jp
令和3年12月
森田フードシステム株式会社
代表取締役社長 森田 浩文

反社会的勢力に対する基本方針


森田フードシステム株式会社は、社会の秩序と安全に脅威を与え、健全な経済・社会の発展を妨げる反社会的勢力との関係を遮断し、
排除するため、反社会的勢力に対する基本方針を制定します。

1.反社会的勢力に対する姿勢

反社会的勢力との関係を遮断し、排除するため、全役職員が一丸となって、組織全体として断固たる姿勢で対応します。

2.反社会的勢力との関係遮断

あらゆる組織活動において、反社会的勢力とは一切の関係を持ちません。

3.不当要求の拒絶および法的対応

反社会的勢力による不当要求は断固として拒絶し、名目の如何を問わず、資金提供を行いません。
また、不当要求に対しては、民事・刑事・行政の各面から法的対抗手段を講じます。

4.管理体制の整備

反社会的勢力による被害を防止するための管理体制を構築するとともに、社内ルールを整備し全役職員に周知徹底します。

5.外部専門機関との連携

反社会的勢力による不当要求に備えて、警察、弁護士等の外部の専門機関と緊密に連携し、組織的かつ適正に対応します。
令和3年12月
森田フードシステム株式会社
代表取締役社長 森田 浩文